日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ついに公開される韓国映画「軍艦島」軍艦島は地獄なのか!?

ニュース

ついに公開される韓国映画「軍艦島」軍艦島は地獄なのか!?

韓国映画「軍艦島」今年公開!!

この映画は本作は、韓国が日本統治時代、長崎県の通称「軍艦島」(端島)で強制労働させられていた400人余りの朝鮮人が決死の脱出を試みるという映画。

この映画の内容が真実なのか、捏造なのか、日韓双方で公開前から論争となっている。
果たして真実はどうなのだろうか?
そして、この映画が日韓関係にどのような影響を及ぼしていくのだろうか。

本作は軍艦島を、強制徴用された朝鮮人少年らが劣悪な環境で労働を強いられている「地獄島」として描写しており、それがあたかも事実であるかのように描いていることから、日韓双方で物議を醸した。
日本の産経新聞は、2016年に韓国で出版された児童向けの絵本『軍艦島 -恥ずかしい世界文化遺産-』についても言及し、これらの映画や絵本は韓国が官民挙げて取り組んだ軍艦島の世界遺産登録反対運動の一環であると報じた(世界文化遺産登録をめぐる日韓の確執については、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」参照)。
また、産経新聞は、故郷である軍艦島の姿が国内外で歪められることに憤りを感じている元島民たちが、正しい姿を後世に伝えるべく「真実の歴史を追求する端島島民の会」を結成したと報じた。
これに対して、韓国の朝鮮日報は、「右翼傾向の強い産経新聞」が映画や絵本を捏造扱いしたと反発し、韓国国務総理直属の「対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会」が作成した実態調査資料や被害者等の証言記録を証拠として示した。
また、リュ・スンワン監督も「産経新聞は朝鮮人少年坑夫など存在しなかったと主張しているが、自分たちは取材をしており、数多くの証言集から事実だという他はない」と反論し、世界文化遺産として登録された以上、軍艦島の歴史は世界の人々が知るべきであり、「光と影の部分をどちらも潔く明らかにした時、文化遺産として真の価値を持つようになるのではないか」と述べた。

出典 http://ja.wikipedia.org

韓国では公開前から高い関心を集め、2017年1月25日に解禁された予告編は公開後わずか13時間で再生回数100万ビュー超を記録したというほど、注目を浴びている。

現在日韓関係は慰安婦像問題で最悪な状況であるが、さらに映画公開と共に両国の間に大きな確執が生まれるのではないかと懸念されている。

問題は慰安婦像と共通する真実が曖昧であることである。
両国の共通の認識が無く、また、誇張して作られたフィクションがあたかも真実のように思いこまれ、やがて真実となっていくのであれば、大きな問題へと発展していくことは想像に難くない。

軍艦島とは?

果たして真実は?

端島(はしま)は、長崎県長崎市(旧高島町)にある島である。明治時代から昭和時代にかけては海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度を有していたが、1974年(昭和49年)の閉山にともなって島民が島を離れてからは、無人島である。
軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られている。2015年、国際記念物遺跡会議(イコモス)により、軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録された。

1916年(大正5年)には日本で最初の鉄筋コンクリート造の集合住宅「30号棟」が建設された。この年には大阪朝日新聞が端島の外観を「軍艦とみまがふさうである」と報道しており、5年後の1921年(大正10年)に長崎日日新聞も、当時三菱重工業長崎造船所で建造中だった日本海軍の戦艦「土佐」に似ているとして「軍艦島」と呼んでいることから、「軍艦島」の通称は大正時代ごろから用いられるようになったとみられる。
ただし、この頃はまだ鉄筋コンクリート造の高層アパートは少なく(30号棟と日給社宅のみ)、大半は木造の平屋か2階建てであった。

端島炭鉱は良質な強粘炭が採れ、隣接する高島炭鉱とともに、日本の近代化を支えてきた炭鉱の一つであった。石炭出炭量が最盛期を迎えた1941年(昭和16年)には約41万トンを出炭した。

出典 http://ja.wikipedia.org

調べてみると、確かに朝鮮人・中国人の労働者は相当数いたようである。
徴兵で労働者が減っていく状況、過酷な環境の中多くの労働者が辛い思いをしていたことは想像できる。

軍艦島は内陸の炭鉱と違い、海の上の小さな島で鉱山の中でも最も過酷であったと言われる。
この軍艦島には朝鮮人の強制連行が始まる前からすでに朝鮮人が働いていた。
調べてみると1910年代から朝鮮人労働者は存在しており、組織的応募は1917年に始まっている。
その後1937年の日中戦争に伴い、国家総動員法による戦時体制の中労働力不足を補うため1939年から強制連行が始まっている。

居住環境は高層住宅の日が当たらない悪天候の時には波が入るような下階に住んでいたが、映画の中にある少年たちが鉄格子の檻に収容されている様子も鉄条網も無かったと言われている。

首都大学東京名誉教授、鄭大均はシンクタンク「日本戦略研究フォーラム」の時事論考で「戦時期の日本の炭鉱にあどけない『朝鮮人少年坑夫』など存在しなかったことは関係者なら誰でも知っている」と批判した。

しかしながら、監督は証言者がいるので真実であると主張する。
これはまるで慰安婦問題と同じである。

確かに、劣悪な環境の中日本人よりも格下として扱われていた朝鮮の人達が日本人よりも危険な労働を担わされ、悲しい運命を辿っていった事実も少なからずあったと思われ、日本人として真摯にその事実を受け止める姿勢も必要と思われる。

両国が感情的になることなく冷静に歴史を研究し、真実をきちんと示せる日を待ち望みたい。そのためにはお互いの国を理解しあえる交流ができると良い。

韓国では強制連行の少年像を作る運動も始まったとか…。
本当の和解はいつできるのだろうか・・。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう