日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

胸を打つ・・。長崎キリシタン弾圧の悲劇を描く「沈黙 」いよいよ公開!!

ニュース

胸を打つ・・。長崎キリシタン弾圧の悲劇を描く「沈黙 」いよいよ公開!!

いよいよ公開される「沈黙」とは!?

『沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説である。
1966年に書き下ろされ、新潮社から出版。
江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。第2回谷崎潤一郎賞受賞作。

キリシタン弾圧の日本に於いて、棄教する信者を軽蔑する主人公が棄教を迫られる中、苦悩しながらも本当の信仰とは何かを問い踏み絵を踏むことで初めて自分の信じる神の教えの意味を理解するという内容。

この遠藤周作の代表的な文学を、マーティン・スコセッシが監督、ジェイ・コックスが脚本を務め映画化。
出演はアンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら。日本ではKADOKAWAの配給で2017年1月21日公開。

もう一つの「沈黙」

実はこの「沈黙」すでに1971年に篠田正浩監督により、『沈黙 SILENCE』の題名で映画化されている。
この時、遠藤周作は篠田と共同で脚本を担当しているが、ロドリゴの棄教に至る経緯などは大幅な改変が加えられているという。

しかし、今回の本作の構想は1991年から存在しており、スコセッシ監督の「念願の企画」といわれていて遂に昨年完成した。

「沈黙」ゆかりの長崎

『沈黙』の舞台となった長崎には遠藤周作文学館がある。
そこにある「沈黙の碑」は小説にちなんで作られたものである。

 遠藤周作文学館が立地する長崎市外海地区は、かくれキリシタンの里としても知られており、遠藤文学の原点と目される小説『沈黙』の舞台となった場所でもあります。
  この縁により、遠藤周作の没後、手元に残された約3万点にも及ぶ遺品・生原稿・蔵書等をご遺族から寄贈・寄託いただき、平成12年5月に「外海町立遠藤周作文学館」として開館しました。その後、平成17年1月の市町合併により「長崎市遠藤周作文学館」と名称を変更しています。
  当文学館は、これら貴重な資料を展示するとともに、遠藤文学に関わる収蔵資料の調査研究を行い、情報発信に努めています。また、施設には展示室のほか、ショップ「外海」や軽喫茶「アンシャンテ」も備えています。
  日本を代表する文学者遠藤周作とその文学の世界を堪能し、理解・研究する場として、また、角力灘(すもうなだ)を見下ろす絶好のロケーションを楽しんでいただけるよう皆様のご来館をお待ちしています。

建設までの経過

文学館と夕陽

 昭和41年に発表された小説『沈黙』を著すにあたり、キリシタンに関係する土地を取材していた遠藤周作は、外海地区に当時実在した「黒崎村」を、小説に登場する架空の「トモギ村」のモデルの一つとして設定しました。
  後にこの地を「神様が僕のためにとっておいてくれた場所」と評するまでになり、昭和62年11月には長崎市在住の遠藤の友人のご尽力により、外海地区出津文化村内に「沈黙の碑」が建立されました。除幕式後の「あの碑と場所は私が思っていたとおりの場所で、(中略)とにかく私にとって、ベターではなくベストの文学碑」という言葉からも、遠藤のこの地に対する思い入れの深さをうかがい知ることができます。
  平成8年9月に他界した後、奥様である遠藤順子夫人をはじめ、ご遺族や、生前親交の深かった方々を中心に文学館建設構想が持ち上がり、関わりが深い全国の候補地の中から、文学や人間を語るのにふさわしいロケーションという選考要件に加え、それまで培われてきた縁により、現在地に建設が決定されました。

出典 http://www.city.nagasaki.lg.jp

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録