日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

南米サッカー選手 搭乗機墜落!! 76人死亡!元Jリーガーも!!

ニュース

南米サッカー選手 搭乗機墜落!! 76人死亡!元Jリーガーも!!

悲劇!!81人搭乗していた。

コロンビア第2の都市メデジン(Medellin)近郊で28日夜墜落したラミア・ボリビア航空(LAMIA Bolivia)の旅客機に、カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部に所属するシャペコエンセの選手が乗っていたことがわかった。
11月30日にコロンビアのチーム、アトレティコ・ナシオナル(Atletico Nacional)と、コパ・スダメリカーナ(2016 Copa Sudamericana)の決勝第1戦を行うためにメデジンへ向かっていた模様。
生存者もいるという。
この悲劇に南米サッカー連盟(CONMEBOL)は、同大会決勝の中止を発表するなど、衝撃を受けている。

81人搭乗機が墜落、76人死亡 ブラジルのサッカーチームも搭乗
2016年11月29日 19:23 発信地:ボゴタ/コロンビア

11月29日 AFP】(更新、写真追加)コロンビア第2の都市メデジン(Medellin)近郊で28日夜、乗客乗員計81人を乗せたラミア・ボリビア航空(LAMIA Bolivia)の旅客機が墜落した。75人が死亡し、生存者6人が救出されたが、うち1人は病院は搬送中に死亡した。乗客にはブラジルのサッカーチーム、シャペコエンセ(Chapecoense)の選手らも含まれている。


メデジンの玄関口であるホセ・マリア・コルドバ国際空港(Jose Maria Cordova International Airport)当局によると、搭乗していたのは乗客72人、乗員9人。同当局はツイッター(Twitter)に「許可証番号CP2933には、シャペコエンセ(@ChapecoenseReal.)のチームが搭乗していたことを確認。生存者がいる模様」と投稿した。救助作業が進んでいるが、悪天候のため現場へは陸路でしか到達できない状態だという。また、生存者の中にはシャペコエンセのDF、アラン・ルシェウ(Alan Ruschel)選手が含まれているとの情報もある。

 同機はブラジルを出発し、ボリビアのサンタクルス(Santa Cruz)を経由した後、メデジンから約50キロのセロ・ゴルド(Cerro Gordo)周辺を飛行中に墜落した。

 墜落現場に近いラ・セハ(La Ceja)の町長は当初、「燃料が切れたようだ」と語っていたが、空港当局によれば、現地時間28日午後10時(日本時間29日正午)ごろ、同機から電気系統の故障が報告されたという。

 カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部に所属するシャペコエンセは、11月30日にコロンビアのチーム、アトレティコ・ナシオナル(Atletico Nacional)と、コパ・スダメリカーナ(2016 Copa Sudamericana)の決勝第1戦を行うためにメデジンへ向かっていた。南米サッカー連盟(CONMEBOL)は、同大会決勝の中止を発表した。

出典 http://www.afpbb.com

2012年から2014年までセレッソ大阪とジェフ千葉でプレーし、事故に遭った飛行機にシャペコエンセの一員として搭乗していたブラジル人FWケンペスの死亡が確認されたという。
その他、元ヴィッセル神戸指揮官のカイオ・ジュニオール氏や2015年に川崎でプレーしたアルトゥール・マイア、2010年に京都で活躍したチエゴ、2005年に柏でプレーしたクレーベルも含まれていると思われる。

エヴェルトン・ケンペス・ドス・サントス・ゴンサウベス(ポルトガル語: Everton Kempes dos Santos Gonçalves、1982年8月3日 - 2016年11月29日)は、ブラジル・ペルナンブーコ州出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード。

経歴

2004年にパラナ・クルーベでプロのキャリアをスタートさせ、その後はブラジル国内の中小クラブを転々とした。

2011年にポルトゥゲーザからの期限付き移籍で所属していたアメリカ・ミネイロでは、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで13得点を挙げたものの、クラブは降格してしまった。

2012年、初の国外クラブとなるセレッソ大阪へ期限付き移籍。リーグ戦27試合で7得点をあげたものの、10月16日、退団とポルトゲーザへの復帰が発表された。

2013年1月、ジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍。22得点を挙げ、J2得点王となった。

2015年1月、契約満了による退団が発表された。3月、ジョインヴィレECへ移籍。

2015年12月16日、シャペコエンセへ移籍。

2016年11月29日、コパ・スダメリカーナ決勝戦が行われるコロンビアで、シャペコエンセの他の選抜メンバーと共に搭乗していた飛行機が墜落し死去(ラミア航空2933便)。

出典 http://ja.wikipedia.org

カイオ・ジュニオール(Caio Júnior)ことルイス・カルロス・サローリ(Luiz Carlos Saroli、1965年3月8日 - 2016年11月29日)、は、ブラジル・パラナ州出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。

経歴

1985年にグレミオでプロ選手としてデビューし、この年のリオグランデ・ド・スル州選手権で12ゴールを挙げ州リーグ得点王に輝く。ポルトガルやブラジル南部の地方クラブを渡り歩き、1999年まで約15年選手としてプレー。

引退後の2000年からは指導者の道に入る。戦術を重視した理論的な指導法を志向し、現役時代同様に南部の小クラブを率いながら評価を高めていった。2006年に就任したパラナ・クルーベにおいて、ブラジル全国選手権5位という成績を挙げて一気に名を上げ、以降パルメイラス、フラメンゴといったビッグクラブの監督を歴任。パルメイラスを率いた2007年にはブラジル全国選手権最優秀監督賞銅賞(3位)となった。

2009年より、3年契約でJ1・ヴィッセル神戸の監督に就任。初の国外での監督挑戦となった。対戦相手に応じて様々な布陣を使い分け、登録選手33人のうち29人をリーグ・ナビスコカップのいずれかで先発・ベンチに抜擢。コンディションが悪いと見れば金南一や我那覇和樹といった主力も躊躇なくメンバー外とするなど、柔軟な采配を行った。一方で、あまりにも頻繁にやり方を変えるために中々チームがまとまらず、また多くの選手を起用しながら、ブラジル人選手は例外で、負傷明けのコンディション不良時や結果を残せないときでも頑なに起用し続けたこともあり、チームを上位に導くには至らなかった。

苦戦しつつも、クラブは契約どおり長期的なチーム強化を託すつもりであったが、シーズン中盤の6月に突如辞任した。当初のプレスリリースでは「一身上の都合」と説明されていたものの、直後にカタールのアル・ガラファ監督に就任。高額オファーによる引き抜きであったことが判明した。後のインタビューではオイルマネーで神戸を去ったわけではなく自らの人生をかけた決断だったと答えた。さらに後任監督の三浦俊也の守備的なサッカーを暗に批判した。

2016年11月29日、コパ・スダメリカーナ決勝戦が行われるコロンビアに行くため搭乗していた飛行機が墜落したことにより死去(ラミア・ボリビア航空2933便墜落事故)。

出典 http://ja.wikipedia.org

アルトゥール・ブラジリアーノ・マイア(Arthur Brasiliano Maia、1992年10月13日 - )は、ブラジル・アラゴアス州マセイオ出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。登録名はアルトゥール・マイア (Arthur Maia) 。

経歴

2015年に川崎フロンターレに加入。11月30日に期限付き移籍期間満了が発表された。

出典 http://ja.wikipedia.org

チエゴことウィリアン・チエゴ・ジ・ジェズス (Willian Thiego de Jesus、1986年7月22日 - ) は、ブラジル出身のプロサッカー選手。ポジションはディフェンダー。

経歴

2004年から地元のCSセルジッペの下部組織で育ち、2006年に名門・グレミオへ移籍し、その年はユースチームでプレーした。2007年にトップチームに昇格すると、リオグランデ・ド・スル州選手権及びブラジル全国選手権・セリエAに出場した。

2008年6月14日、ゴイアスEC戦で至近距離からのシュートを放ち、リーグ戦初ゴールを決めた。

2009年12月27日に翌年から京都サンガF.C.へ期限付き移籍にて加入することが決定した。

2010年は開幕戦から数試合はスタメンに名を連ねたものの、徐々に出場機会が減り天皇杯の佐川印刷SC戦を最後に公式戦での出場はなく、シーズン途中で契約を残したままブラジルへ帰国した。

2011年にECバイーアへ1年間の期限付き移籍してプレーした。

2012年3月5日にセアラーSCに期限付き移籍。

2013年1月16日にフィゲイレンセFCへ完全移籍し、シーズン終了まで在籍。

2014年1月にアゼルバイジャン・プレミアリーグのFKハザル・レンコランへ移籍

2015年1月にアソシアソン・シャペコエンセ・ジ・フチボウへ移籍。

出典 http://ja.wikipedia.org

クレーベル・サンタナ・ロウレイロ(Cléber Santana Loureiro、1981年6月27日 - )はブラジル・オリンダ出身のサッカー選手。シャペコエンセ所属。ポジションはミッドフィールダー。

経歴

右サイド、および中央を主戦場とする攻撃的MF。2005年に柏レイソルに在籍した。柏では背番号10を着け、28試合に出場して8得点の成績を残した。2007年7月3日にアトレティコ・マドリードに移籍した。その後、RCDマヨルカへの一年間のレンタルを経て、2010年1月に母国のサンパウロFCへと移籍した。2014年8月22日、クリシューマECに加入した。

2015年6月17日、シャペコエンセへ移籍。

出典 http://ja.wikipedia.org

なお、この事故を受けて、南米連盟主催のスダメリカーナ杯決勝で、シャペコエンセと対戦する予定だったアトレチコ・ナシオナル(コロンビア)はクラブ公式サイトで「シャペコエンセの家族と友人に心よりお悔やみを申し上げます」とメッセージを掲載。

大会を主催する南米連盟は決勝の延期を発表したが、状況的に開催は事実上不可能とみられる。コロンビアメディアによると、アトレチコ・ナシオナルは南米連盟にシャペコエンセを大会の優勝チームとするよう依頼したという。

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法